音楽鑑賞の形

J-POPから、ロック、ヒップホップ、ジャズ、クラシックなど、色んな音楽が提供されている今の時代、音楽鑑賞を趣味とする人も増えてきました。
また、音楽の聴き方もデジタル機器、インターネット、ライブハウス・音楽ホールでの生演奏など多様ですね。
今ではネットでの音楽鑑賞をする人が増えてきているのではないでしょうか。
しかし、それぞれの鑑賞方法により違うメリットを持つので、どれもあまり衰退していくとは考えにくいです。
もちろん、機器の発達により古い製品は排除されていきますが、根本的な音楽鑑賞法としては昔からあるもの対して変化は見られないと思います。
その反面、音楽を取り入れる保存方法が変わってきています。
昔はレコードからカセットへ、そこからCDへ変わりました。
もちろん今でもCDは音楽業界には必要なディスクですが、今では音楽再生機器に直接、音楽を取り入れることが可能になった為にCDの売り上げは落ちているといわれています。
この先も時代のニーズに合わせた販売戦略が見られるでしょうね。
今の音楽は、より便利により手軽に音楽を聴けることで、ここまで一般的に普及しているのだと思います。