電動アシスト自転車でサイクリング

秋に入ってサイクリングに適した時期になってきました。
ダイエットを目的にサイクリングをしていますが、なんといってもサイクリングをしていて快適なのは顔に当たる風が心地よいことです。
普通サイクリングをする自転車というとロードレーサーやマウンテンバイクを使うことが多いと思いますが(時にはママチャリで手軽にということもありますけど)私は電動アシスト自転車を使っています。
きっかけはある懸賞に応募したらサンヨーの電動アシスト自転車が当たったということです。
最初は近所の買い物に使っていましたが、試しにこの自転車でサイクリングに出かけたらとても快適だったことから、病みつきになりました。
第一にはスタートの快適さです。
電源を入れてペダルを踏むとサッと立ち上がります。
さらにペダルを踏むと20Km/h位まですくに加速します。
この時、顔に当たる風がとても心地よいですね。
第二は坂道の上りがとても楽だということです。
サイクリングをしていて嫌になるのは長い上り坂や急な上り坂に遭遇した時です。
その点電動アシスト自転車は軽くすいすい上っていってくれます。
「電動自転車で楽して走ってダイエットになるの?」と言われそうですが、これが大丈夫なんですね。
電動自転車もスピードを上げて走ると(約20Km/h以上)アシストが効かなくなります。
その分、足で漕ぐ必要があります。
1時間も走っていると汗が沢山出てきます。
だだ、スピードが出ているので車や歩いている人とぶつからないように注意しないと駄目ですけどね。
また、電源を切るとペダルがすごく重くなります。
平地では電源をOFFにして走り、坂道になったら電源をいれるとか使い方は色々ありますから工夫して走ると良いと思います。

Comments are closed.